バス釣りの魅力|大物とのファイトをジギング船で存分に楽しもう!

大物とのファイトをジギング船で存分に楽しもう!

釣りをしている人物のシルエット

バス釣りの魅力

浮き輪

山中湖にバス釣りにお出かけしたときのことです。
山中湖でバス釣りするのは初めてだったのでポイントも分からず、到着したところでいったん様子を見ることにしました。
湖を見てみると岸からすぐの場所は水深が浅く、遠くにキャストしないとダメそうです。
しかしすぐ近くの浅い水深のところでバスがワカサギを追っているのが見えました。
バシャンと音を立ててワカサギを追っているため、バスの活性が高そうです。
最初はワカサギに似ているミノーのほうが良いかなと思いましたが全く食い付きません。
そこでホッパーと言う頭がカップ状になっているルアーに替えてみました。
ロッドでアクションを加え、ポコンと音が鳴るように操作していたらバスが食い付いてきたのです。
ホッパーは一応魚の形はしているものの、本物の魚のようには見えないです。
音が鳴るのが面白くて結構派手に操作したのですが、まさか食い付いてくるとは思いませんでした。
しかしバスにはまるで逃げ惑う小魚のように見えたようです。
ホッパーだとバスがバシャンと音を立てて食い付いてくるために興奮度が他のルアーと違いました。
この日は早朝に3匹のバスを釣り上げたのみ、その後はワカサギを追っているのをたまに見かける程度で全く釣れなくなりました。
その後にワームに替えてもダメだったため、本日のバス釣りは終了しました。
山中湖で釣り上げたバスは20センチサイズとあまり大きくないものの楽しいバス釣りができました。
今度はもっと大きいサイズを狙ってみたいです。